結婚式お呼ばれ衣装

結婚式のお呼ばれは、嬉しいことですが、どういうものを着て行けばいいのでしょう?普段着では失礼になるし、あまり華美なものもどうなのでしょう?赤黒のような派手な色はどうなのでしょう?そんなことを考えていると分らなくなってしまいます。
結婚式のお呼ばれのときの服装、衣装をもう少し考えてみましょう。


結婚式ではお呼ばれした方もドレスというのが正式ですが、お色直しで着るような派手なものは避けます。
イブニングドレス程度で、特にロングでなくても大丈夫ですが、太股を出すようなミニは避けるようにしましょう。
またドレスは白やクリーム、薄いピンクなどは花嫁とだぶるので避けるのがマナーとなります。
またコートだけでなく、ボレロやスカートの裾や襟などにファーをあしらったものは禁止です。


肩出しのドレスも、胸が大きく開いたタイプのものも避けるようにしましょう。
またボディコンのように体の線がそのまま出るようなものも避けるようにします。
シースルーも品の悪くなるようなものは禁止です。
民族衣装も日本人なら着物、海外の人なら自国の民族衣装だけにしましょう。
例えば日本人がチャイナドレスなどというのは避けるようにしましょう。


仮装パーティーのようにならないようにすることが大切です。
他にも色としても下品な色や、ツートンは避けたいものです。
例えば柄でもストライプでも上下の色でも全体に赤と黒が基調だったり、白と黒など2色は分れるという意味があり、結婚式には避けるようにします。



[PICK UP]
自分の結婚式でドレスを綺麗に着る為のスケジュールを組んでくれるブライダルエステのトルクェです => ブライダルエステ トルクェ